ICクレジットカードとは

クレジットカードにはICクレジットカードというのものが存在します。

ICカードと表現されることもあります.

昔は磁気テープの形式でしたが、新たにICチップを埋め込み、それを用いることで特にセキュリティ面での強化が図られています。

ここでは、ICクレジットカードとはどういったものかや、どういった違いがあるのかなどを紹介していきます。

ICクレジットカードを手に入れる方法

まず先に、ICクレジットカードを手に入れる方法です。

これは、そのクレジットカード会社が対応しているかどうかによってICクレジットカードかそうでないかが決まります。

ですので、利用者が原則選ぶことが出来ません。

選ぶとするならば、ICクレジットカードであることを告知しているクレジットカードを自ら探し、申し込むしかありません。

ICクレジットカードであることを積極的に取り上げて紹介しているクレジットカードは少ないため、見た目か、より細かく情報を調べて決める必要があります。

見た目に関しては、表面部分に正方形状のICチップが見えますので、クレジットカードの盤面を見て判断しましょう。

主に銀色であったり金色であったりします。決してカード全体が銀色であったり金色ということではなく、2cmくらいに銀色や金色のチップの場所があるカードが該当します。



ICクレジットカード利用方法

ICクレジットカードの利用は次のような流れになります。

  1. ICクレジットカードを提示
  2. 支払い方法を伝える(1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなど)
  3. お店が対応していれば暗証番号入力装置を渡される
  4. 料金が正しいかを確認の上、暗証番号を入力し、最後に確定ボタンを押す
  5. 支払い完了

ICクレジットカードに対応していない場合は従来のクレジットカードと同じく渡された用紙にサインを記入します。

ICクレジットカードのメリット

ICクレジットカードのメリットは、サインではなく、暗証番号を入力することで料金の支払いができる点です。

店頭でICクレジットカード対応のお店であれば、暗証番号を打ち込む機器を渡されますんので、その機器に暗証番号を入力して確定ボタンを押します。

お店がICクレジットカードに対応していない場合は、従来通り、サインによる支払いもできますので、利用者側はどちらであるかを意識すること無く利用できます。

利用者側の表面的なメリットは暗証番号入力による手間の軽減ですが、それ以外にもセキュリティが従来の磁気テープによるものより優れているなども挙げられます。

ICクレジットカードのデメリット

ICクレジットカードはセキュリティ面が充実している反面、そのセキュリティ面の影響で、使い勝手が不便に感じることもあります。

通常使う分には問題ありませんが、特に暗証番号を忘れたり変更したりする際に問題が発生します。

暗証番号を何度も間違えると使用不可となる

暗証番号を何度も間違えると使用が出来なくなります。

お店側には暗証番号入力スキップ機能というものが備わっているため、もし、暗証番号を忘れた場合や、何度も間違えた場合は、使用できなくなる前にスキップ機能をしてもらえないかどうか、もしくはサインで対応できないかどうかを伝えましょう。

お店側が対応してくれない場合もあり得ますので、暗証番号をしっかり覚えておきましょう。

暗証番号の変更はICクレジットカードを返送する必要がある

何らかの事情で暗証番号を変更する際には、一度ICクレジットカードをクレジットカード会社に返送する必要があります。

暗証番号はICチップの部分に記録されているため、一度返送し、書き換えた新しいICクレジットカードを受け取る必要があります。

このため、他のサービスで暗証番号が漏れて変更することが無いように、最初から独立した推測されにくいパスワードを決めて申し込みましょう。

海外では暗証番号が無いと対応が困難

基本的にICクレジットカードを持っている場合、対応店舗では暗証番号の入力を求められます。

もし、暗証番号を忘れた場合、国内であれば比較的対応がしやすいですが、海外で利用する際に暗証番号を忘れた場合、対応が出来なくなります。

旅先でお金に困ることが無いように、もし、暗証番号を覚えているかどうか不安な場合は、事前に国内のお店で試すか、もしくはクレジットカード会社に暗証番号の確認をするようにしましょう。

郵便等によって確認するため、余裕を持ったスケジュールで確認することが重要です。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる