クレジットカードが店頭やネットで使えない理由

クレジットカードの取り扱いをしているにも関わらず、自分のクレジットカードが利用できないということがあります。

これは、店頭でもそうですし、ネット経由でも同じような状況に陥ることがあります。

ここでは、番号の入力の間違えなどが無く、適正に必要事項を入力しており、利用限度額が上限に達していないにも関わらず、使えない状況について紹介します。

お店側が原因

クレジットカードが利用できるお店であるにも関わらず、自分のカードが利用できない際、お店側に原因があることがあります。

お店側の初歩的なミスなどももちろんありますが、正しい手順でやっているにも関わらず、クレジットカードが利用できない場合、クレジットカード会社側が、そのお店を怪しいと判断し、利用できないようにストップをしている可能性もあるからです。

たとえば、手元に2枚のカードがあり、片方は使えず、もう片方は使えるような状況であったとします。

使えなかった方のカードは、カード会社側の独自の情報により、そのお店は適正な使い方をしてこなかったと判断し、使えなくしている可能性があります。

過去に不正請求等をしたことのあるお店であれば、カード会社側が利用を停止させていることもありうるからです。

その停止は、クレジットカード全体ではなく、あくまでも一つのカード会社のみでの対応のため、他のカード会社のクレジットカードであれば利用が可能となったりします。

また、特にネット関連に多いのですが、クレジットカード決済専用のサイトに移動させ、決済をしてもらうようなことも多々あります。

その決済専用サイトで、他のお店が不正な取引をしようとした過去があると、その他のお店でもクレジットカード決済ができない、ということもあります。

自分が利用したお店自体は悪くなくても、決済サイト全体が不正と判断された場合は、利用ができないわけです。

このような状況になった場合は手持ちの別のクレジットカードの利用ができるか試してみましょう。

どのカードでも駄目であれば、もしかしたら一時的な理由で利用できないだけかもしれません。

同タイプのカードを複数枚持っているとかでなければ、たいていはどれかしらのカードは利用できるはずです。

具体例

  • 現金化するための不正利用が確認されているお店
  • 不正利用されやすいお店
  • お店自体が不正利用をした過去がある
  • 他のお店が不正利用したあおりを受けている

自分が原因

自分のクレジットカードが原因で店頭やネットで利用できないこともあります。

ごくごく当たり前のことではありますが、必要事項の記入ミス、利用限度額を超えた利用などが挙げられます。

また、普段の利用状況と異なる利用をした際には、利用を一時的に停止させられることもあります。

この利用停止の場合は、たいていはお店、もしくは本人の携帯電話に電話がかかり、本人であるかの確認をすることとなります。

電話に応対すれば利用できるようになりますので、しっかりと受け答えしましょう。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる