クレジットカードの審査が通らない理由

twitter google+ LINE はてなブックマーク

ここではクレジットカードに申し込んでも審査が通らないような人のためのアドバイスを紹介していきます。

裏技のようなものはなく、いずれも正攻法です。

クレジットとは信用という意味です。

信用の出来ない相手にクレジットカード会社も契約をしたいとは思わないでしょう。

このため、裏技のようなものでごまかしてクレジットカードを取得するのではなく、正しい方法で信用してもらえるようになりましょう。

過去にトラブルを起こしている

過去に、クレジットカードで支払いの遅延などを起こしている場合は、新たにクレジットカードの発行を希望しても、審査が通らないことがあります。

クレジットカード会社は、支払いの遅延やカードの保有枚数などの情報を共有しています。

このため、別の会社で遅延した情報も、他の新規に申し込んだ会社も知っていて、可否の判断をしています。

このようなことがないように、支払いの遅延をすることなく、常に支払いを滞ることなく利用していきましょう。

自分の信用情報を知る』も合わせてご覧ください。

消費者金融を利用している

クレジットカードと似ているようで異なるものに、消費者金融があります。

消費者金融は、主に現金を貸す場所です。

この消費者金融を利用している場合、審査が通らない可能性が高まります。

特に、複数の会社を利用している場合は、なおさらです。

クレジットカードにもキャッシングという現金を借りる機能がありますが、こちらも借り過ぎている場合はチェックされるかもしれません。

消費者金融を利用しているかどうかはクレジットカード会社で情報が共有されていますので、もし新たにクレジットカードを申し込みたい場合は、まず先に使っていない消費者金融の解約をすることから始めましょう。

多くのクレジットカードを保有している

すでに多くのクレジットカードを保有している場合は、新たな発行をしてもらえない可能性もあります。

多くのクレジットカードには利用限度額が設定されていますが、その利用額の合計が多額になっていると判断された場合、新規の発行を断ることがあります。

この場合は、使っていないクレジットカードを解約する、利用限度額を下げていくなどの対策をすることで、新規のカードの発行が可能になるかもしれません。

過去に特典目当てで申し込みしすぎている

クレジットカードを発行してもらえる際に、いろいろな特典が用意されます。

ポイントがアップしたり、商品券などをもらえたりなど。

こうした特典目当てに、カードを何度も申し込み、そして解約を繰り返すと、新たな発行をしてもらえなくなります。

出来るだけ特典目当ての発行は止め、必要なクレジットカードに申し込むようにしましょう。

直前に多くのクレジットカード会社に申し込みを行った

クレジットカードの申し込み履歴も、会社に情報が共有されています。

このため、同じ時期に複数のクレジットカード会社に申し込みを行うと、何か悪いことをしようとしているのでは、と判断されて、審査に通らないこともあります。

このクレジットカード申し込み情報は6ヶ月間残りますので、最後にクレジットカードを申し込んでから7ヶ月後に、新たに必要なカードのみに申し込むことをお薦めします。

クレジットカードそのものに条件がある

特定の人を対象としたクレジットカードは、その対象者にしか発行されません。

年齢制限や年収制限、職業制限や出身大学制限など、いろいろな制限を設けているカードもあります。

これらのカードは、職業や大学制限などは、一般的に情報は出てきませんので、あまり意識する必要はありません。

年齢や年収は、条件を公開していることもありますので、事前に情報を確認の上、申し込みましょう。ゴールドカードなどの上位ランクのクレジットカードに見られる条件です。

なお、条件を満たしていても、別の条件によって審査が通らないこともあります。

逆に、条件は満たしていない場合でも、別の条件によって条件が緩和されることもあります。

引越ししてすぐに申し込む

引越しした後にすぐに申し込んでも、審査に通らないことが多くあります。

これは、引越しを繰り返して支払いを逃れる可能性があるのでは、という観点です。

定住している人は、それだけ長く同じところに住んでいるのであれば、生活も安定しているのでは、といった判断をされます。

持家の有無

済んでいる場所が持家か、そうでないかでも判断が分かれます。

もっとも、賃貸だから駄目というわけではありません。

ただ、先に述べた引越しと賃貸とがセットになると、審査が通らない可能性が高まります。

このため、クレジットカードを作るのであれば引越しする前に作り、引越し後は住所変更をするようにしましょう。

この他の理由で審査が通らない場合

このほかにも、審査が通らない理由はたくさんあります。

ただ、基本的に、信用のない人物には発行しないという基本的な考えがあります。

それが、意図的であるかどうかは問題ではありません。

日々の生活の中で、特に金銭面に対する正当な利用を心がけましょう。

このほかの情報は『クレジットカードの登録審査、申し込みの際の注意点』も合わせてご覧ください。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる