クレジットカードの更新

ここではクレジットカードの更新について紹介します。

更新方法や、更新できないことなどについても紹介しています。

クレジットカードの更新方法

クレジットカードの更新は、基本は自動的に行われます。

手持ちのクレジットカードの有効期限が近付いてきたら、クレジットカード会社から新しいカードが送られてきます。

送られてきたカードの裏面のサインを記入するスペースにサインを記入します。

そして、古いクレジットカードは混乱の元となるため、処分します。

処分する際は、ハサミなどで磁気読み取り箇所を分断する形で切りましょう。出来れば複数箇所を切り、ゴミに捨てるときは何回かに分けて捨てることをお薦めします。

名前の部分やカード番号の部分も分かれるように切ると、よりセキュリティ面で安全な切り方と言えます。



送られてきたカードが以前と異なる

クレジットカードは、発行する時期によってカードのデザインが変わることがあります。

このため、見た目が以前と同じでない可能性もあります。

特に、一時的なイベントとして発行していたカードの場合、更新後は別の柄になっていることが多々あります。キャラクターを用いたクレジットカードが特に該当します。

その際、古いカードを手元に残しておきたいと思うかもしれません。

セキュリティの面を考えると好ましくありませんが、残したい場合はしっかりと保管するようにしましょう。

クレジットカードの更新が出来ないこともある

問題なく利用しているのであれば大丈夫だとは思いますが、クレジットカードの更新が出来ないこともあります。

主な理由を紹介していきます。

信用がない場合

クレジットカードを利用していて、支払いの遅延など、カードの利用方法に問題がある場合、更新ができない可能性があります。

連絡がつかない場合

登録してある住所が異なっていたため、新しいカードが手元に届かず、結果として解約扱いになる可能性もあります。

日ごろのクレジットカードの使い方に気をつけ、また、住所や電話番号が変わった際には素早くクレジットカード会社に連絡し、登録変更を行いましょう。

最近ではインターネット上で住所や電話番号の変更ができる会社も多々あります。

カード発行元の会社が発行しなくなった場合

カードの発行元会社がクレジットカードの発行を取りやめることがあります。

その場合、同じカードは持てませんが、たいていは各ブランドを保持するカード会社の通常のカードを送ってもらうことになります。

カードの盤面は変わってしまいますが、クレジットカードそのものが使えなくなるというようなことは無いかと思います。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる