クレジットカードのメリット

ここではクレジットカードを使用することのメリットを紹介していきます。クレジットカードをつくろうかどうか迷っているかたは、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

通信販売が楽

いまやインターネット上でほとんどのものが購入できる時代になりました。通信販売はもちろん、オークションサイトなども存在します。

これらの決済手段として、クレジットカードが重宝されています。

クレジットカードでないと支払えないところもありますし、クレジットカードで無い場合は別途手数料がかかることがあります。

代金引換での受け取りですと代引き手数料が、銀行振込ですと、振込手数料がかかります。

その点、クレジットカードでは別途費用を請求されること無く決済することが可能です。

いちいち銀行などに行かなくても済むのもメリットとなります。



ポイントが溜まる

クレジットカードにはポイントサービスを実施しているところが多々あります。

ショップで現金のように使えるポイントになる場合もありますし、ポイントをためていくことで複数の商品の中から好きなものを選べるようなサービスもあります。

このポイントをためて、ちょっとしたお得感があるのもクレジットカードの魅力のひとつとなっています。

ポイントには使用期限が決まっているものもありますが、使用期限がないポイントサービスを実施しているクレジットカードも多々あります。

現金の扱いが減る

クレジットカードで支払うことで、現金の扱いが減るというメリットもあります。

現金の扱いが減るということは、いちいち銀行のATMに行き、現金を引き落とさなくて済むということです。

時期によっては銀行のATMは混み合うことがあります。そこに並んで待つというのは時間の無駄ではないでしょうか。そうした無駄を省くことができるのもクレジットカードのメリットです。

また、支払いをするときに、現金を数えて出すなどといった必要もなく、カード一枚を渡せばすぐに決済できるのも魅力のひとつです。

いまや食品などの購入であればサインを書く必要がなくなっているところも多いため、日常的に使うのにも便利です。コンビニなどでもクレジットカードが利用できる場所もあります。

信用が増す

クレジットカードは使用すれば使用するだけ、その人の信用が増します。この信用は、信用情報機関にデータとして残るため、もし、新たに別のクレジットカードを取得しようとしたときに、カードの取得が容易になります。

一度もクレジットカードを作ったことのない人だと、その分信用が無い、というよりわからないため、カードの発行ができないようなこともあります。

できるだけ早い段階からクレジットカードを使いこなすことで、その人がカードをしっかり使える人かどうか、そうした信用度が増すわけです。

結果として、将来的にゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードの取得が楽になったりします。

オンラインサービスを受けやすい

いまやオンラインでもさまざまなサービスが展開されています。

動画の配信であったり、SNSの有料会員であったり、多種多様なものが存在します。

そうしたサービスの決済手段としてクレジットカードが用いられることがあります。

クレジットカード以外ですと、プリペイドカードのようなものを用いることがありますが、いちいち買ってきて、裏に書かれている英数字を入力してといったように、手間がかかることが大半です。

その点、クレジットカードは買いに行く必要など無く、数字を記入して行けばよいだけですので、楽にサービスを受けることができます。

特別サービスが受けられる

特定のクレジットカードを持って、特定のお店を利用すると、特別サービスが受けられることがあります。飲み物や食べ物が追加でもらえたり、割引価格で利用できるなどが挙げられます。

このほかにも、特定のお店ではポイントが多く付いたりと、いろいろなサービスプランが各社提供しています。

サポートデスクからホテルや航空券等の予約が可能

ホテルの予約や航空券の取得などを面倒に感じる人は多いと思います。そうしたものをクレジットカードのサポートデスクに電話して伝えることで予約、購入してもらうことができます。

手数料を取られることもありますが、手間などを考えればそれほど気になる額ではありません。

また、ホテルの予約の場合、クレジットカードのサポートデスクから予約があったとホテルがわかると、良い部屋を用意してくれたりすることもあります。特に、ゴールドカードやプラチナカードの場合、こうしたサービスを期待することも可能です。

なお、確実に良いサービスを受けられるというわけではありません。

金利がかからない

通常、借金をすれば、金利がかかります。ですが、クレジットカードで一括払いを行えば、金利がかからずに使用できます。

支払いは使用してすぐではなく、後日になりますので、その時点でお金がなくても利用可能です。

ただ、本当にお金がない時に使っていくと、結局支払えなくなり、問題となりますので、手元にあるお金の分だけ利用するようにしましょう。

さまざまな保険制度がある

クレジットカードによってまちまちですが、さまざまな保険制度があります。

年会費が高い方が、保険の種類も多くあります。

これは、単にクレジットカードを保有しているだけで受けられる保険であったり、支払いをクレジットカードで行った際に、その支払いを行ったサービスに対して保険が受けられるなど、まちまちです。

主なものに、旅行に関する保険、ショッピングに関する保険などです。

知っていると知らないのとでは安心にも大きく違いが出ますので、面倒でも一度利用に関するパンフレットを読み、どういった保険があるのか把握しておきましょう。

インターネットで利用額を管理しやすい

多くのクレジットカード会社では、インターネット上で利用額を確認できるサービスを行っています。

このインターネット上で利用の実態が分かるため、資金管理がしやすいと言えます。

このほか、住所等の変更やポイントアップキャンペーンの参加、限度額変更などもインターネット上で手続きが可能な会社もあります。

公共料金などの支払いの簡便化

多くの公共料金、その他毎月の支払は、クレジットカードで支払うことができるようになっています。

一度支払いに関する登録を済ませると、後は毎月自動的に公共料金等の支払いが行われます。

わざわざコンビニや銀行などに支払いに行かなくてもよいというメリットがあります。

もっとも、この手のサービスはクレジットカードに限らず、銀行振替などでも対応ができます。銀行の自動振り替えで対応した時と、クレジットカードで支払った時とで、ポイントサービスや割引額が異なったりしますので、どちらがお得かを把握の上、選択しましょう。

海外旅行での支払い

日本以外の多くの国、特に欧米系では、クレジットカードでの支払いが一般的です。

逆に、現金で高額の支払いをすると拒否されることもあるようです。これは、偽造紙幣などが多く出回っていることから、その対策としてクレジットカード払いが主となっています。

このため、海外旅行の際にはクレジットカードを持って行った方が良いでしょう。

ステータス感がある

クレジットカードの中にはゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどと、ランクの高いカードがあります。

そうしたカードは、おおむね世間的に評価される対象となっています。このため、これらのカードを使用していると、ステータス(社会的価値)が高いように思われることもありますし、自らがそう思うこともあります。

このステータス感を求めて上位のクレジットカードを持つというのも、メリットの一つと言えるでしょう。

もっとも、上位のカードは年会費が高いなどのデメリットもありますので、考慮して上位カードの取得をしましょう。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる