デビットカードについて

クレジットカードと似たような使い方が出来るサービスとして「デビットカード」というものが存在します。

ここでは簡単にクレジットカードとの違いを紹介していきます。

デビットカードとは

デビットカードは、基本的に銀行にお金を預けておき、そのお金の範囲内でカードを使って買い物等が出来るサービスです。

このため、銀行にお金があることが前提となります。

お金が足りない場合は、買い物等の支払いをすることが出来ません。

クレジットカードの場合は後払い方式ですので、事前に預け入れておく必要があるデビットカードとはこの点が大きく異なります。



デビットカードの申し込み

主に銀行のサービスとなるため、普段利用している銀行がデビットカードのサービスを行っているか確認する必要があります。

また、確認後、申し込み方法を調べ、申し込みをしましょう。

銀行によって申し込み方法や利用方法の条件などが異なる可能性があります。必ず利用する銀行のサービス内容を確認しましょう。

クレジットカードとデビットカードのどちらが良いか

クレジットカードとデビットカードのどちらが良いかですが、基本的には普段の利用状況によって大きく変わります。

主にチェックしておきたいポイントを紹介します。

後払いか先払いか

クレジットカードは後払い、デビットカードは先払いです。

このため、お金が無いのにお金を使ってしまう人はデビットカードの方が無駄遣いせずに済みお薦めできます。

逆に、お金の管理が出来ている人はクレジットカードの方が良いでしょう。

ポイントサービスの有無

クレジットカードではさまざまなポイントサービスを実施しています。

逆に、デビットカードはあまりポイントカードのサービスが良くありません。

利用時間の制限

クレジットカードは利用時間の制限はありませんが、デビットカードでは制限があります。ですので、事前に利用できる時間を把握しておく必要があります。

利用可能店舗

クレジットカードの利用店舗数はかなり増えてきました。VISA、JCBなどの違いによって利用が出来たりできなかったりすることもありますが、たいていはどちらも利用できます。

デビットカードの場合はJデビットのマークがあるお店で利用可能です。ただ、その店舗数はクレジットカードと比べて少ないため、利用したくてもできないことも多々あります。

普段利用する店舗が利用可能かどうか、事前に確認する必要があります。

安全性

どちらもカード本体と暗証番号の管理をしっかりと行うことは大前提です。

デビットカードは銀行のカードと共用のことも多いため、カードの盗難等にあった際に銀行に預けているお金も持っていかれる可能性があります。

デビットカード専用の銀行を用意するなど、口座を分けておくとよいでしょう。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる