携帯電話の契約とクレジットカードの関連性

2012年5月3日の毎日新聞に次のような記事が掲載されました。

『携帯電話端末の分割払いを滞納し、ローン審査などに使われる信用情報が傷つく事例が急増している。携帯各社やカード会社などが加入する信用情報機関「シー・アイ・シー」(CIC)によると、端末料金の3カ月以上の延滞を示す「異動情報」の件数は2月に155万件と、1年半前の6倍に増加。高額なスマートフォン(多機能携帯電話)の普及や、通信料金などの増加が背景にありそうだ。

(中略)

増加ペースが速いのは、スマホの高額化が大きな要因だ。従来の携帯端末は4万~5万円が主流だったが、スマホは7万~8万円。「月々の支払い負担が重く滞納するケースが多い」(割賦業者)。割賦契約者の約3割が20歳代までの若年層で、通信ゲームやネットを使えるスマホに切り替えたことで通信料やゲーム代が急増し、支払い余力が少なくなるケースも多いとみられる。

CICによると、異動情報はカード会社などが共有。一度登録されると完済しても5年間消えず、自動車や住宅のローン契約ができなくなるケースもある。

(後略)』(2012年5月3日毎日新聞より)

CICに関しては当サイト『自分の信用情報を知る』でも紹介しております。

上記がどうクレジットカードに関連するかですが、クレジットカードを作成する際に、クレジットカード会社はCICなどの信用情報機関で、過去に支払いの遅延がないかどうかを確認します。

その際、上述の記事のように3ヵ月の支払い遅延があると、CICなどに遅延をしているという情報が掲載されてしまいます。

この情報により、新たにクレジットカード会社でカードを作ろうとした時に、遅延した過去があるということでカードの発行が出来なくなったり、有効期限が切れてカード更新となったときにカードの更新が出来ないといった事態が発生します。

携帯電話とクレジットカード、一見なんら関連性のないものではありますが、携帯電話の購入方法によっては信用情報に情報が記載され、クレジットカードにも問題が起こりうるということを認識するようにしましょう。

なお、端末料金を一括で支払う方法の場合は、CICに情報が掲載されないと思われます。支払いに余裕がある人は、出来れば一括払いも検討してみましょう。

いずれにしても、お金の支払いはクレジットカードでもそれ以外のものでも、遅延なく行うように日ごろから気をつけて生活することをお薦めします。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる