クレジットカードの分類

ここではカードの分類をいくつか紹介します。

まず、カードのブランドというものがあります。そして、そのカードを発行する会社があり、会社の中でも、さまざまなグレードがあります。

3つも一気に挙げるとなんのことだかわかりにくいと思うかもしれませんが、大雑把に言うと、次の通りです。

ブランドによって、使える店舗などが決まります。

発行する会社はその仲介役のようなものです。

グレードは、単にゴールドカードとか一般カードとかの違いでしかありません。

これらの概要を紹介していきます。



クレジットカードのブランド

クレジットカードのブランドは主に次の5点をさします。

  • VISA(ビザ)
  • AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)
  • JCB(ジェイシービー)
  • MASTER(マスター)
  • DINERS CLUB(ダイナーズクラブ)

クレジットカードには、これらのマークが描かれています。

そして、このマークが基準となり、使えるお店が決まってきます。

たとえば、VISA提携店となれば、VISAのカードが使えます。JCBであればJCBが、といった具合です。複数のカードブランドと提携していれば、その種類、カードブランドが使えるわけです。

逆に、VISAのみ提携しているお店にJCBのカードを出しても使うことができません。

その場合は、現金で支払う必要があります。

この中で世界的にも有名なのがVISAです。もし、最初の一枚を作るのであれば、VISAカードを作りましょう。

後のカードは、地域によって使い勝手がよかったり、旅行などの特定の分野に強かったりといった特徴があります。

クレジットカードの発行会社

先に紹介したブランドとは別に、発行会社の違いもあります。この発行会社の一例は次のようになります。

  • 三井住友
  • 三菱東京UFJ
  • 楽天
  • シティカード
  • JAL

これは一例でしかなく、実際には大量にあります。たとえば、ショップが作るクレジットカードも、このカード発行会社に該当します。

このカード発行会社は、たとえばVISAのブランドを持つものであったりという具合に、いずれかのブランドを元にしています。

簡単に例をあげると次のようになります。

  • VISA-シティカード
  • VISA-楽天
  • MASTER-シティカード
  • JCB-楽天

たとえば、シティカードであれば、VISAかMASTERのどちらかを選べます。楽天もVISAかJCBのどちらかを選べます。

当然、選んだ方の提携店しか使えませんので、VISAを選んだ際に、JCBのみの提携店に楽天VISAカードを出しても使用できません。

こうしてみますと、基本はブランドがあり、カード発行会社は発行する会社が違うだけで、使用に関してはブランドに準拠することになるわけです。

ただ、ポイントカードなどのサービス面は、カード発行会社によりますので、この点を考慮するのなら、カード発行会社もしっかりと選ぶ必要があります。

審査の通りやすさも、カード発行会社によって異なります。

クレジットカードのグレード

クレジットカードのグレードとは、次のようなものをさします。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

一般カードが一番取得が容易で、逆にブラックカードになると、取得が非常に困難になります。

俗に言う上位カードは、クレジットの信用が積み重なると取得がしやすくなります。

そのため、今はゴールドカードなどに興味が無くても、今から信用情報を積み重ねていくことをお奨めします。

いざ取得しようとしても、支払い遅延などの情報が信用情報登録機関に載っていたら、それだけで落とされる可能性がありますので。

カードのグレードによって、受けられるサービスが異なることがありますので、ぜひ上位グレードを狙ってみてください。

なお、その分、年会費が高くなりますので、有効に活用できないようでしたら、無理に上位グレードを取得する必要はありません。

年会費無料か有料か

クレジットカードの中には、年会費が無料か有料かで分けることもできます。

これは、カード発行会社によって異なりますので、無料を希望するようでしたら、そうしたカード会社を探す必要があります。

ただ、有料の方がサービスの充実度がある場合もありますので、この辺りはしっかりとチェックする必要があるでしょう。

ポイントが多くもらえるカードであったり、保障サービスが充実しているなどがあげられます。

また、上位グレードは総じて年会費が高くなります。それだけの価値のあるサービスが受けられるかどうかはご自身で決める必要があります。



セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

 

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる