クレジットカードの貸し借り

twitter google+ LINE はてなブックマーク

クレジットカードの貸し借りについて取り上げます。

クレジットカードの貸し借りを安易にしてしまう人もいるかと思います。

その問題点等を取り上げていきます。

クレジットカードは契約者のみしか使用できない

クレジットカードは、契約した人にクレジットカード会社が貸し与えているもので、契約者の持ち物になるわけではありません。

あくまでもクレジットカード会社の持ち物で、それを貸し与えられているという状態です。

本人の持ち物でない以上、人に貸したりすることはできません。

クレジットカードを貸し借りするとどうなるか

クレジットカードを人に貸し、利用された場合は、規約違反に該当するため、契約が解除される可能性があります。

貸し借り自体、クレジットカード会社が即座に知ることはできませんが、トラブルに巻き込まれた際などに知られることがあります。

また、貸し借りによってトラブルが起きた際には、クレジットカード会社は対応してくれませんので、この点も理解しておきましょう。

トラブルの一つとして挙げられるのは、人に貸したら多額の利用をされて、その支払いを自分でしなければいけないなどの状況です。

もし、盗まれて不正利用された場合であれば、保障制度があるため支払いをしなくて済むこともありますが、貸してトラブルになった時には、支払い義務が契約者本人に生じます。

他にも、クレジットカード会社から詐欺罪として訴えられる可能性もあります。

多くの問題が発生しますので、貸し借りはしないようにしましょう。

家族でクレジットカードを利用する場合

クレジットカードの貸し借りを家族間ですることに抵抗が無い人もいるかと思います。

例えば、パートナー(配偶者)のカードを使って買い物をする際に、本人が居なくても勝手に買い物をするなどが挙げられます。

家族間であれば問題ないように感じる人もいるかと思いますが、これも規約違反に該当し、最悪、利用停止処分を受ける可能性のある行為です。

家族でクレジットカードの貸し借りが出来ないのは不便だ、と思うかもしれませんが、あくまでもクレジットカードは契約者本人に与えられたものですので、本人以外の使用は一切禁止されています。

では、家族でクレジットカードを利用するにはどうすればよいのかですが、多くのクレジットカード会社では家族会員用のクレジットカードの発行を行っています。

誰か一人が代表者となり契約し、その代表者に付随する形で家族カードを発行してもらいます。

クレジットカード会社によって詳細は異なるかと思いますが、支払い口座が一緒になり、利用明細等も代表者宛て名義で届きます。

もし、家族間でも利用の状況を知られたくないという場合は、個人としてクレジットカードを申し込む必要があります。

家族カードの詳細は各種クレジットカード会社でご確認ください。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる