クレジットカードの紛失

twitter google+ LINE はてなブックマーク

クレジットカードを紛失した際に、どうすればよいのかを紹介します。

ここでの紛失は、どこかに落としたなどはもちろん、盗難にあった時などの状況も含みます。

特に盗難にあった際には、不正利用の問題も発生しますので、早めに対応しましょう。

不正利用に関しては『クレジットカードの不正利用』で取り上げています。盗難にあった際の対応も掲載しています。

クレジットカードを使用不可にしてもらう

まず、紛失した際には、クレジットカード会社に連絡して紛失したクレジットカードの使用を停止してもらいます。

電話番号等はインターネット上でも調べられますし、クレジットカードを送ってもらった際の説明書きなどにも記載されています。確認の上、電話しましょう。

電話では、紛失したことを伝え、利用を停止してもらいます。

利用を停止すると、そのカードで支払っていたものが支払えなくなります。

新しいクレジットカードを配送してもらう

利用を停止してもらった後に、新しいクレジットカードが郵送されてきます。

この新しいクレジットカードはカード番号が以前と変わるため、クレジットカードの自動引き落としなどに関しては新たに登録し直す必要があります。

変更が必要な登録会社をチェックする

クレジットカードで自動引き落としをしていた場合、どういったものが自動引き落としとしていたのか、再確認します。

過去に送られてきた利用明細書で、どういった物で支払いを利用していたのか確認しましょう。

主にチェックしたい支払い項目は次の通りです。

  • 水道光熱費
  • 電話料金(携帯電話含む)
  • インターネット利用料金
  • 国民年金
  • オンライン通販の支払い方法
  • その他のサービスの支払い

特に、毎月支払いが必要な水道光熱費、電話料金、インターネット利用料金、国民年金は必ず確認しましょう。

オンライン通販の支払いやその他サービスに関しては、その都度利用する際に変更してもかまいません。

道光熱費や電話料金などの手続きは、書類を郵送するなどの手間がかかるため、手早くチェックして一気に変更しましょう。

ずは、編こするための書類を取り寄せることから始めましょう。場合によってはインターネット上で手続きが完了できるものもあるかもしれません。

紛失したクレジットカードが見つかった場合

紛失したクレジットカードが見つかっても、紛失の連絡をした時点でそのカードは使えなくなっています。

新しいカードが届いたら、紛失したと思われたカードをハサミなどで切り、処分しましょう。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる