クレジットカードの解約

twitter google+ LINE はてなブックマーク

クレジットカードの解約は、クレジットカード会社に連絡することで可能です。

主な解約方法と、その他注意点を紹介していきます。

解約は電話が中心

連絡の手段は主に電話でとなります。

カードに記載されている電話番号に電話し、電話で指定された方法で電話のボタン操作を行い、最終的にオペレーターに解約したい旨を伝えるだけです。

こちらの情報を確認した後に解約となります。

場合によっては解約の理由を聞かれますが、これはこたえなくてもかまいません。理由があれば、使い勝手が悪いなど適当に答えればかまいませんし、特に理由がないでもかまいません。

カード会社が情報を分析して運営に活かすためだけの質問ですので、理由によってカードの解約ができないなどはありません。

もしかしたらインターネット上で解約が出来たりするところもあるかもしれません。

いずれにしても、解約方法はそのクレジットカード運営会社に連絡し、解約を伝えるだけですので、さほど難しいことはありません。いらないカードがあれば、解約していきましょう。

解約手数料がかかる場合もある

基本的にクレジットカードの解約には手数料はかかりません。

ですが、特定の条件を満たしたり、契約に解約に関する規定がある場合、解約手数料がかかることもあります。

よほど変な会社のカードを作らなければ問題ありませんが、一応この点も考慮しておきましょう。

解約時に解約手数料のことにも触れてくれると思います。

年会費無料のクレジットカードでしたら、解約せずに持ち続けても良いでしょう。

カードを作った後にすぐに解約する時にも解約手数料がかかることがあります。特典目当てで作成と解除を繰り返して手数料を取られないように注意しましょう。

未払い分の支払いを行う

もし、分割払いやリボ払いなどで複数回に分けて支払うような形で利用していた場合は、解約時に一括して請求される可能性があります。

このため、出来るだけ分割払いやリボ払いを払い終えた後に解約するようにしましょう。

なお、一括払いの場合は、通常のスケジュールに従って引き落とされることが多いため、あまり意識せずに解約してかまいません。

溜めたポイントは無くなる

クレジットカードにはポイントサービスを展開している会社も多数あります。

もし、クレジットカードを解約した場合、これらのポイントは無効となりますので注意しましょう。

スーパーなどのショップが発行するカードの場合は、クレジット機能のない無料のショップカードにポイントが移せるかもしれません。事前に可能かどうか、確認しておきましょう。

余ったポイントがあれば、使いきってから解約することをお薦めします。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる