クレジットカードの仕組み

twitter google+ LINE はてなブックマーク

ここでは、簡単にクレジットカードの仕組みを紹介します。

クレジットカード会社とお店と利用者の関係

まず、お店がクレジットカード会社と契約します。ここで言うブランドは「VISA」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」などの大きな分類ではなく、それに関連したカードを発行している会社を指します。

契約後、お店で利用者がクレジットカードで支払いをすると、その情報がクレジットカード会社に行き、最終的に特定の日にその額を利用者の銀行引き落としで回収します。

回収された現金が、後日お店に渡されます。

この時、利用手数料として、数パーセント差し引かれた額がお店にわたります。

それぞれの立場のメリットやデメリットを紹介してきます。

クレジットカード会社のメリットやデメリット

クレジットカード会社のメリットの一つは、契約料が入る点です。

次に、お店で利用された額に応じて数パーセントの利益を得ることができます。

さらに、分割払いやリボ払い、キャッシングなどのサービスを利用されると、金利手数料も手に入ります。

クレジットカード会社の主な収益は以上です。

逆にデメリットとしては、必ずお金が回収されるかはわからない、情報の保守が必要など、運営に関する問題が発生します。

お店のメリットやデメリット

お店のメリットとしては、お客が買い物をしやすくなるという点があります。

また、現金を直接扱わないため、支払い金額受け取りのミスやお釣りの渡し間違いなども防げます。

一方、デメリットとしては、契約料金だけでなく、利用するたびに利用額の数パーセントをクレジットカード会社に支払うため、利益が減ります。

また、商品を売ってすぐに現金が手元に入らないという点も、お店を運営する上では厳しい問題です。

お客の利便性を取るか、それとも利益の減少や回収の先送りを嫌うかによって、契約すべきかどうかが決まります。

馴染みのお店で応援したいお店であれば、案外現金払いの方が喜ばれるかもしれません。

利用者のメリットやデメリット

利用者のメリット、デメリットは、それぞれ『クレジットカードのメリット』『クレジットカードの危険性』をご覧ください。

簡単に説明すると、利便性があるというメリットと、買い物のしすぎや分割払いなどを利用することによる金利の支払いなどが挙げられます。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる