クレジットカードの平均利用額2015年

twitter google+ LINE はてなブックマーク

JCBにより、2015年度のクレジットカードの調査が行われました。

その結果が2016年2月22日に発表されています。

ここでは、ポイントを絞って内容を見ていきたいと思います。

データは『クレジットカードに関する総合調査 2015年版 調査結果レポート』(株式会社ジェーシービー)より。

クレジットカード保有率、平均所持枚数と携帯枚数

クレジットカードの保有率は84.0%と、かなり多くの人が保有していることが窺えます。調査は20代から60代の男女のため、子供などは含まれません。

ただ、年々下落傾向にあり、2011年の88.1%から4%以上も落ちていることになります。

クレジットカードの平均所持枚数は3.2枚、平均携帯枚数は2.0枚とのこと。

携帯枚数は、持ち歩くクレジットカードのことを指します。

使っているクレジットカードは、入会金や年会費が安いこと、また、ポイントやマイルが溜めやすいカードが良く使われています。

前年度は3枚持っている人が多かったものの、最近では2枚の人が増えているようです。

保有枚数2枚が23.7%、1枚が23.4%、3枚が20.8%とデータに出ています。

生活費にクレジットカードの占める割合

生活費にクレジットカードの占める割合は29.6%とのこと。

利用場所は、「オンラインショッピング」が35.8%、「携帯電話料金」が28.9%、「スーパーマーケット」が24.5%。

また「コンビニエンスストア」も11.9%と徐々に数字を上げてきています。

電子マネーの保有率と利用率

クレジットカードと並んで利用される電子マネーですが、こちらの保有率は79.9%と高くなっています。

なお、利用率は65.9%と、持ってはいるものの、使っていないという人もいます。

利用場所は、「鉄道・地下鉄・バス」が46.6%、「コンビニエンスストア」44.0%、「スーパーマーケット」27.0%となっています。

コンビニやスーパーなどでは、クレジットカードと似たような使われ方もしていることが窺えます。

デビットカードの保有率と利用率

最近話題のデビットカードですが、こちらは保有率は12.8%、利用率は6.0%です。

保有している割合が多いように感じますが、金融機関のキャッシュカードに機能が付いているから、という人も多くいます。

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる